エリカルメーター(登録商標申請中)

カーボンブラック(CB)の分散を「客観的」「定量的」「簡単・安全」に評価

カーボンブラック(CB)などのフィラー分散性はゴムの物性・加工性に大きく寄与するにもかかわらず、目視による評価方法が一般的で、客観性に乏しいという問題点を抱えています。JSRトレーディングではこのようなニーズに応えるため、導電法を用いて簡単に分散性を評価する装置を開発しました。本手法はゴムポリマーに含まれる準導電性物質であるCBが、混練りにより微細化および分散すると、CB間の接触が減少し導電性が低下するという原理に基づいています。
(久留米高専協賛)

CB分散の違いによる電気特性の違い

CB分散の違いによる電気特性の違い

ゴムポリマーに準導電性物質であるCBが練り込まれると、分散状態の違いにより、導電性が変わります。

測定例

B 40phr 入りIR ゴムの各混練り時間での実測データN=8(条件:DC10V, 温度80℃)

測定例01

「混練り時間5 分の分散が良好なゴム」分散が良い為、電流値(縦軸)が低く、バラつきが少ないと評価できます。

測定例02

「混練り時間2 分の分散が不良なゴム」分散が不良な為、電流値(縦軸)が高く、バラつきが大きいと評価できます。

製品の特長

安心のメンテナンス・サポート体制

国内外に専門の技師を派遣し、スピーディーに対応。

安全性・操作性に配慮、英語にも対応

測定部に試料を置いて扉を閉めるだけの簡単操作。
万が一扉を開けてしまった場合も、測定が強制終了するので、安全・安心。
測定に必要な試料量も数g程度。
英語版ソフトも用意しておりますので、海外のナショナルスタッフにも、安全・簡単に操作可能。

「A練り・B練り・未加硫・加硫」全てのコンパウンドのCBの分散評価が可能

様々なコンパウンドデータの評価を1台で可能な為、相互性が取れます。

優れた温度制御・精度

測定部が温度保護をかね、優れた温度調節精度を実現。

デモ機がございますので(東京)立会いサンプル測定可能です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

代理店名・各種ご相談、お問い合わせ窓口

JSRトレーディング株式会社

  • ●機器・物流資材部
  • 〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル22階
  • Tel. 03-6218-3812/Fax. 03-6218-3819